今夜のアカデミー賞は

独断と偏見ですが、おそらく作品賞は「アーティスト」

CGから3Dまで技術革新の進む現代に、初期の無声映画を復活させ、新鮮かつ感動さえ与える仕上がり。
1920年代の本場ハリウッドを舞台に、フランス人映画作家が温かい眼差しでオマージュを捧げる、珠玉の作品。
水野晴郎氏の「いやぁ映画って、ほんとうに良いもんですね」という言葉がピッタリ。
解説や理屈抜きで楽しめる作品です。
[PR]
by tanatali3 | 2012-02-26 14:36 | 映画
<< おくやみ 日本〇 >>